2012年10月10日

山中教授のノーベル賞が示した研究・技術者の能力の評価尺度

 iPS細胞とは、体のさまざまな組織を構成している細胞になる可能性を持った初期化可能な細胞のことである。Induced(人工)Pluripotent(多能性)Stem Cell(幹細胞)の略とされる。小文字の「i」には、「iPod」のように普及してほしいという願いが込められているそうだ。病気になる原因を明らかにする研究や、新しい薬を作るのに役立てたり、病気やケガで失われた組織をiPS細胞から作った細胞で補う「再生医療」に使ったりできると考えられている。これは、ゴードン教授の基礎研究がベースになっているとされているが、モノではなくヒトが対象であることから、より画期的である。ここでは、山中教授の研究者としての能力の切り口で考えてみたい。

 父の勧めもあり、学生時代に柔道の骨折でよくかかった整形外科医を目指した。神戸大を卒業し念願の研修医になったが、脊髄損傷や重症のリウマチなど根治療法のない患者が圧倒的に多かった。また、手術が下手で、研修医時代に教官から「山中」ではなく「ジャマ(邪魔)ナカ」と呼ばれていた。挫折を繰り返し、うつ病寸前の状態だったようだ。父の死後、「治療法の開発には基礎研究しかない」と考え、大阪市立大大学院への進学を決め、研究者に転身した。カリフォルニア大学留学を経て、自由な研究環境を求め公募で奈良先端科学技術大学で准教授となった。そして、京都大学のiPS細胞研究所の所長として迎えられた経歴をもつ。

 研修医1年目で亡くなった父に褒めてもらうのが今の一番の目標だと言っていた。父は工学部出身で手先が器用だったようだ。大阪府東大阪市でミシンの部品を作る町工場を経営していた。中学のころ父から「家業を継がんでええ。経営に向いていない。」と言われたそうだ。研修医時に出会った患者と父親の背中をみて育ち、夢の再生医療の扉を開いてきた。「いままでできないことをできるようにする」父親のスピリッツを愚直に実践してきたのであろう。

 研究者の能力とは何か。皆さんが理解しやすく、非常に興味深い事例となっている。一般的なエリートとはだいぶ違うようだ。研究テーマも自分に適したものは何かと追求しており、多くの挫折も味わっている。また、ゴールに向かって、数多くの失敗にもめげず挑戦しつづけている。それを成功するまでやりきったことが今日のノーベル賞に繋がったのである。つまり、コンピテンシーと呼ばれる「挑戦心」、「やりきる力」が一般の研究者と桁違いに違うのであろう。これこそが、大きな仕事を成し遂げた人に共通する能力の本質的要素なのである。

【 TRIZとコンピテンシーに興味ある方は下記(ぷろえんじにあHP)をクリック】
 http://www.proengineer-institute.com/

【 ぷろえんじにあweb画廊】
 http://www.ne.jp/asahi/proengineer/skasuya/
posted by proengineer at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

「これは凄い。感動した。」 TRIZセミナーで何が起きたのか・・・。

 「お客様に感動を」を経営理念として、6年前に、ぷろえんじにあ(旧プロエンジニア教育研究所)を立ち上げた。特に、TRIZセミナー(創造性開発手法セミナー)では、10〜20%の受講者にはどうしても難解として受け取られてきた。ところが、先週、実施したTRIZセミナー1日コースでは、思いがけないことが起きた。セミナー終了と同時に、数人の受講者が私のところに駆け寄り、「これは、凄い。感動した。」と叫んだ。ちょうど、Serendipityの現象のように、いままで追い求めていた解決策がヒラヒラと天から舞い降りてきたような感覚である。

 そのTRIZセミナーは、年齢層が20代から50代と幅広く、女性が約30%の技術系を対象としていた。TRIZは初めての人がほとんどである。最適セミナー参加者数は、講師として参加者を把握できているとはいえず、やや多すぎる感がある。そのような状況で、いままで、大学で7年間、試行してきたものづくり教育の自律化支援プログラムの考え方を、今回初めて応用してみた。

 モチベーション向上施策の切り口を、@好奇心(面白さ)、A挑戦心、B意義・目的、Cチームのコミュニケーション、D承認(誉められること)の5つに集約する。その原理原則に則り、プログラムを改変してみた。ツカミ部分では、旬のエピソードを例に受講メリット(意義)を説明した。テキストの重要キーワードを所々空欄とし、好奇心を倍増させた。演習は、個人で考えるものとチームで考えるものに分けてメリハリをつけた。そして、演習の発表では、必ず良いところを見つけて誉めるプロセスを加えた。最後の演習の解答例には、興味をそそる省エネや魅力的新商品技術に繋げて、こういうプロセスで自分たちも挑戦さえすれば可能性があると思わせた。

 いままで、何十回とセミナーを実施してきたが、満足度80%まで達成していることで、改善・改革を怠ってきたようである。セミナーの中身に照らして言えば、いままで、不満足要因を潰して改善活動を行う、なぜなぜ展開のアプローチであった。今回のアプローチは、何のためにセミナーを実施するのかを考える目的展開のアプローチで攻めてみたわけである。つまり、なぜなぜ展開では改善効果レベルであり、改革レベルの解決策はなかなか得られにくい。長い間忘れかけていた、ものごとの本質まで追求する目的展開の威力を身をもって体験できた。

【 TRIZとコンピテンシーに興味ある方は下記(ぷろえんじにあHP)をクリック】
 http://www.proengineer-institute.com/

【 ぷろえんじにあweb画廊】
 http://www.ne.jp/asahi/proengineer/skasuya/
posted by proengineer at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする