2013年05月28日

独創性・創造性にはスキルより大事なものがある。技術では真似のジョブスも名言を残した。

 教育の究極の理想解は何か?それは 『教育をしないこと』である。ちょうど10年前、ソニー社員時代の古い手帳を見つけた。そのメモから井深大氏と盛田昭夫氏のソニー創業者2人のメッセージに、セレンディピティ現象が起きた。思えば、新人のころ、井深大氏のライフワークの一つであった福祉機器開発のプロジェクトメンバー5人の1人として、一緒に仕事をしたことがあった。そこで、強烈に印象に残った言葉が、「好奇心」と「独創性」というキーワードである。

 もう一人のソニー創業者の盛田昭夫氏も、創造性を次のように定義していた。「創造性は、すでに存在する情報の処理や分析から出てくるものではない。それは人間の思考、絶え間のない洞察力、そして多くの勇気が必要である。」これらから、モチベーションやコンピテンシーが人財開発の本質だと確信できた。つまり、TRIZなどの創造性スキルだけでは、独創性や創造性を実現できない。コンピテンシーと呼ばれる行動特性が、威力を発揮するわけである。

 米アップルと韓国サムスン電子がスマートフォンなどの特許やデザインを巡って争った訴訟で、米裁判所がサムスンがアップルの一部特許を侵害したとの評決を言い渡した。サムスンが一方的に打撃を受けたと断じるのはまだ早い。斬新な商品で市場を切り開く「パイオニア」アップルと、その後を追う「フォロワー」のサムスン。サムスン自身は審理のなかで「iPhoneの成功に刺激されて、スマホを開発した」と打ち明けている。そして、サムスン側は、「アップルもソニーの影響を受けていた」と指摘。そういう意味では、アップルもサムスンと大差がない。MacやiPadのオリジナルは、元はゼロックス社のパロアルト研究所で「ユビキタス」と呼ばれるコンセプトとともに20数年前に開発された。ある時、ジョブスがパルアルト研究所を見学して、その後アップルで商品化したものであるからだ。

 2000年ごろから、毎年、約1万人の社員のコンピテンシー(成果に直結する思考・行動特性)データを分析して、成果を出すための能力開発とはどうあるべきかについて研究してきた。 そこから導き出した結論はこうなる。「教育とは、自ら気づき、自律的に行動するように仕向けること」そのコンピテンシーで重要な特性・能力(想いのようなものも含む)の具体例を3つあげれば、挑戦心、やりきる力、多様性を承認できるコミュニケーション能力であろう。アップルのジョブスがこのコンピテンシー(行動特性)の意味を表す名言を残している。「出来ないのは、技術が足りないのではなく、想いが足りないからだ。」





 ユビキタス動画:26年前、Xerox PARCのMark Weiserは、現代のスマホ、iPad、TV会議システム等のコンセプトを既に試作していた。アップルのジョブスやマイクロソフトのビルゲイツは、これらを見学後、MacやWindowsなどを事業化した。


【 ぷろえんじにあHP】
 http://www.proengineer-institute.com/
【 ぷろえんじにあweb画廊】
 http://www.ne.jp/asahi/proengineer/skasuya/
posted by proengineer at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

 本当に、ブルーライトカット眼鏡は必要か。メーカーCMに誘導されて購入していないか。

 眼鏡を作ったことのない私が、眼鏡のJINSに行ってきた。ノートパソコンのLEDバックライトタイプを購入し、少し眼精疲労を感じたため、ブルーライトを軽減できる眼鏡を見るためだ。店舗の展示方法は、眼鏡フレームの種類、材質、形状および色で選べるようになっている。価格も、5990円、7990円ぐらいでフレームと度付きレンズが買える。初めて、眼鏡を作る身にとって、商品概要をネットで確認してから店舗に向かった。実際には、ブルーライトカットが付加すると、さらに、3990円がプラスされた。予想より安くはなかった。

 評判の店だけあって、店内は少し混んでいた。手の空いている店員が応対してくれた。ネットに表示されている基本的情報をいくつか質問した。それらにまともに答えられず、別の店員に聞きに行った。初めて眼鏡を作る身にとって、非常に不安な気持ちになった。結局、基本的情報は得られたが、客の想いを聴こうとするようには感じられない。他の商品なら、この店は諦めて、別の店に向かうところであった。そして、目の検査まで進んだ。たまたま、待合室で、長時間待たされた客が、店員の対応の悪さにブチ切れていた場面に遭遇した。両社の言い分を聞いてみると、怒るのも無理はない。

 目の検査は、アルバイト店員ではなくテキパキ処理できる店員であった。遠視、近視、乱視、老眼の度数を瞬時に自動測定できるハイテク測定器も使用していた。視力は別の機器で測定した。エンジニアの私は、機器の精度の高さに納得して、不安感が少し和らいだ。ここで、度数に合ったレンズでかけ心地を確認し、レンズの種類を選択した。最後に、フレームの調整を行い、購入手続きまで進んだ。しかし、レンズの大きさ、フレームの形状、色などのデザインのマッチングは、まだとられていなかった。結局、マッチングで、チタン合金のフレームを選んだため、高価な眼鏡となってしまった。

 ここで、非常に重要なことに気が付いた。この店では、眼鏡の選定から購入までのプロセスの説明をいっさいしてくれなかった。これが不安の根本原因なのだ。最初に接客するアルバイト店員は、非常に勉強不足で、不快にさえ感じてしまう。現在では、店舗数も急増中で、飛ぶ鳥を落とす勢いがあるが、強力な競合が現れると、店の評判はガタ落ちになる。店舗では、商品の魅力度も差別化の一つであるが、接客も重要な要素である。後で、眼科医に、ブルーライトの医学的問題点について問い合わせたところ、医学的に検証された論文は実在しないそうだ。CMに誘導されて購入してしまったかもしれない。


【 ぷろえんじにあHP】
 http://www.proengineer-institute.com/

【 ぷろえんじにあweb画廊】
 http://www.ne.jp/asahi/proengineer/skasuya/
posted by proengineer at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする