2013年01月28日

真のメンターに巡り合う方法

 いままで、キャリアカウンセラー、キャリアアドバイザーあるいはメンターとして、主に、研究者、技術者および工学部の学生・大学院生の相談にのってきた。その中で、クライエントから良い質問があった。「良いメンターとはどうめぐり逢えばよいのか。」でした。ちなみに、メンターとは、「仕事、キャリアあるいは人生に対して適切なにアドバイスをしてくれる人」と定義され、語源は、トロイ戦争に出てくる名教師の名前に由来している。メンターに期待することは、概ね次のようなケースである。
 @今後のキャリアパスの参考にしたい。
 A仕事、キャリアあるいは人生で困ったときにアドバイスしてほしい。
 B仕事や人生に対するスタンスや考え方のヒントを与えてほしい。

 従来のメンターは職場の上司や先輩が一般的だったようだ。最近、成果主義などの人事制度を導入する企業が増えたり、メールへのコミュニケーションの代替化が進み、先輩や上司とじっくり話す機会が少なくなっている。いくつかの企業では、メンター制度を人事制度に組み入れている。役員自らメンターになったり、選抜された優秀な人材をメンターに指名したりしている。社長にもメンターに近いコーチがついている時代だ。ある意味では、企業の求める成果に一歩近づけるかもしれないが、真のメンターになっているのだろうか。

 少しでも参考になればと思い、私がめぐり逢ったメンターについて例をあげて何人かを紹介する。入社時には、エンジニアの卵として、一対一ではないが、技能エキスパートであったり、設計のエキスパートであった。2年間メンターを付けてもっらった。しかし、真のメンターは、企業で指名されたエキスパートの方々だとは思わなかった。その責任者である技術部門長を、私自身が勝手にメンターと思い、実習ノートで本音の意見交換をしていた。理由は、実習に対して想いが一番強い人だったからだ。製品の生産設計時には、設計部門の上司や先輩ではなく、電気関係を専門とする他部門のプロジェクトリーダーをメンターと思い、ディスカッションしていた。理由は、真の目的は何かの意味で、書いた図面の線一本一本の意味を質問してもらい、専門外の人から視点を変えて、設計とは何かを教えてもらった。マーケティングや人生についてなど、まだまだ、場面場面で別の多くのメンターを勝手に指名したものだ。

 良いメンターにめぐり合うためにはどうすればよいと思うか。ジャックウェルチの新刊書の「私ならこうする(日経新聞社)」を読んでいたら、今回のテーマへのジャックウェルチの回答が、私のメンターそのものであったことが理解できた。つまり、「最高のメンターとは、会社が作る制度のようなフォーマルなものではない。社内の人間であろうとなかろうと、同じ仕事についていようがいまいがこだわらなくてよい。喜んで教えてくれる人からあらゆる機会を捉えて学ぶこと、それこそが真のメンターなのだ。」ということに共感できた。なお、私自身が多くの方々からヒントやアドバイスをしてもらった感謝の気持ちとして、私も、強い希望をもったエンジニアのメンターを引き受けている。

<スピード発想術書籍URL>
 http://gihyo.jp/book/2010/978-4-7741-4106-0
<エンジニアの生き残りのヒントがいっぱい!「ぷろえんじにあ」のHP>
 http://www.proengineer-institute.com/
【関連する記事】
posted by proengineer at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316630166
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック