2007年04月19日

4月18日は発明の日

 4月18日の発明の日※にちなんで、「ものづくりの本質と現代版TRIZの薦め〜より良い特許を出すためのブレークスルー〜」というテーマを大阪の企業で講演してきました。みなさんは、特許などの成果を出すための工夫を何か実践していますか。(成果に関する資料はここの連載が利く

 成果とは何を言うのでしょうか。特許、コストダウン、論文、利益創出のためのコンセプト立案、お客様満足の向上、・・・などがあげられます。これらを実現するために何が重要かと言うと、やはり、人の知恵(アイデア)が差別化要因になりそうです。

 多くの企業では、社員の報酬が会社の業績にリンクさせたり、個人の業績評価を定量的に表現させようとしています。大学の教員も、3年とか5年の任期制のところが増加して、目で見える成果が要求されてきて、ついつい目先の成果を追ってしまいがちです。試行錯誤的な発想で業務を実践していると、きっちりやっている人(企業)とドンドン差が開きます。

 右脳と左脳を交互にうまく使いこなして、ロジカルにアイデア出しする方法を武装しませんか。それが、体系的課題解決法TRIZです。おそらく、技術者が使う思考ツール中では、世界最強と言われています。まず、TRIZのツールの中でシンプルな40の発明原理を1原理/日づつ紹介していきます。難しいことは考えずに、40の発明原理をヒントに課題や問題点の対応策を発想してみませんが。(適用事例も参照

※:日本の産業の発展の基礎となった専売特許条例(現在の特許法)が明治18年4月18日に公布されたことを記念し、産業財産権制度の普及・啓発を図ることを目的として制定

 以下の図表は「図解これで使えるTRIZ/USIT」から出版社の許可を得て転載しています。

<スピード発想術書籍URL>
 http://gihyo.jp/book/2010/978-4-7741-4106-0
<ぷろえんじにあHP>
 http://www.proengineer-institute.com/

40の発明原理リスト(表をクリックで拡大)
p.gif

40の発明原理No1(表をクリックで拡大)
no1.gif




ラベル:TRIZ 発明の日
【関連する記事】
posted by proengineer at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。