2008年03月09日

野茂投手は、厳しいときこそポジティブシンキング

 3月6日、メジャーリーグのロイヤルズでマイナー契約した野茂投手に、NHKのスポーツキャスターの青山裕子さんがインタビューしていました。青山アナが「厳しい状況のようですが・・・」とマイクを向けると野茂投手から意外な答えが帰ってきました。「いままで一度も、みなさんが思ってるほど、自分では厳しいと思ったことないですよ。野球が好きですから。」次の日のインタビューで、同じ39歳でパイレーツのマイナー契約した桑田投手も同じようなことを言っています。「マウンドにいるのが嬉しい。」

 野茂投手は、キャンプで5〜6人の競争相手と、4番手、5番手の先発枠を争っているわけです。いままで、10球団もメジャーリーグを渡り歩いて、挑戦に挑戦を重ねチャンスをものにしてきた人の想いは、一般的な日本人の想いとだいぶ違うようです。多くの日本人が、スポーツでも他のことでも、レベルの高いことに挑戦するとき、競争が厳しいと、そのプレッシャーに押しつぶされて実力を発揮できない場面を目撃しています。スポーツでは、オリンピックの柔道、レスリング、水泳など、いままでプレシャーに押しつぶされた選手を何人見てきたことか。スポーツ以外では、受験、入社試験、難関資格試験なども当てはまるのだと思います。

 最近では、ゴルフ界には石川遼君、フィギュアスケートでは浅田真央ちゃん、卓球では石川佳純ちゃんなど多くの新星が現れています。彼らには、いままでの選手のような日の丸を背中に背負うようなプレッシャーは感じていないように思われます。中でも、日本男子テニス史上2人目、16年ぶりのツアー優勝を果たした錦織圭選手の場合には、いくつかのお膳立ての賜物だといえるのだと思います。錦織圭選手をジュニア時代に指導した松岡修三さんが言っていました。「素質はすばらしい。私以上だ。課題は精神力だ。」と。その快挙を支えたのは、日本テニス協会の盛田正明会長(元ソニー役員)が私財を投じて設立した「盛田正明テニス・ファンド」と呼ばれる奨学金制度だったのです。 盛田さんとは知り合いのため、さぞ嬉しかったと思います。

 スポーツなどの競技だけでなく試験や仕事などで、ハイレベルな目標に挑戦する場合、だめだったらどうしようと考えすぎて萎縮しすぎて実力を発揮できない人を多く見てきました。でも、その挑戦に通らなかったとしても、それは真の失敗ではないのです。挑戦する過程で蓄積してきたノウハウや精神力は一生の財産になっているはずなのです。挑戦しない人より挑戦した人が、その後の人生の冨を手に入れることができるのだということをこの年になってつくづく考えさせられています。私もまだ、挑戦しつづけていることがありますが、みなさんも、高い目標に向かって、ポジティブに挑戦してみましょう。


メインリンク:
<ぷろえんじにあ TRIZホームページ>
 http://www.proengineer-institute.com/
<ぷろえんじにあWeb画廊>
 http://www.ne.jp/asahi/proengineer/skasuya/


【関連する記事】
posted by proengineer at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。